佐用豪雨被害農地・休耕農地復興

「佐用カボチャを植えようかい」

平成21年台風9号による豪雨は、人的被害を始め広範囲に及ぶ浸水、家屋、河川、道路、農地、農業用施設等の損壊や農作物に甚大な被害をもたらしました。
 町では、災害対策本部を設置し、県・他市町の応援を得て全庁体制のもと応急対策に取り組みましたが、さまざまな課題も明らかになりました。
その様な状況下で少しでも農地としての活用で被災農家の悲しみを和らげようと「かぼちゃを植えよう会」を平成22年に有志数名で立ち上げました。
緑の棚が被災地にあることで、通る人々にも励みとしようと棚吊り方式のかぼちゃ栽培に取り組んでいます。

令和元年8月

第10回「佐用棚吊完熟かぼちゃ」販売開始のご案内

 *安全・安心・低農薬・有機肥料栽培*

 

復興にご支援いただいた皆様にお礼の気持ちを伝える「かぼちゃ」にするため、今年も佐用町内農家22戸が被災農地・休耕農地へ棚を作り920株植え付けました。

 

そして、佐用町長より「佐用風土」(SayoFood)の認証をいただきました。

ご注文は下記の「注文書」をご利用ください。

ダウンロード
かぼちゃ注文書.pdf
PDFファイル 195.9 KB

活動に関しては、Facebookページをご覧ください。

 

【 Facebookページ 】

https://www.facebook.com/kanjyukukabocha